未経験から始めるデイサービス経営のポイント

レディ

接骨院経営の頼れる味方

治療

請求手続きを大幅に省力化

柔道整復師が接骨院を独立開業する際の大事な手続きの1つに、受領委任払いに関する届出があります。本来、柔道整復師が行った保険診療に係る費用は患者がいったん全額を立替払いし、後日保険者に請求するのが原則です。しかし必要な届出を済ませた接骨院にあっては、病院等における現物給付のような事務取扱いをすることで、患者の負担を減らすことができます。これが受領委任払いです。この制度はそれぞれの柔道整復師が単独で行うこともできますが、接骨師会という団体単位で取りまとめて行えば、接骨院自身の負担も軽減することができます。接骨師会は柔道整復師を会員とする同業者団体です。加入は任意ですが、経営に関するアドバイスや日常業務の支援を受けられるなど、会員になることでさまざまなメリットがもたらされます。中でも支援事業のメインとなるのが、診療報酬の請求代行です。受領委任払い制度を単独で利用する場合、接骨院は該当する保険者にそれぞれ個別に診療報酬請求書を回付する必要があります。当然、内容照会への対応や入金確認等もすべてバラバラに行わなくてはなりません。しかし接骨師会の会員となれば、請求書を接骨師会あてに送るだけで、すべての手続きの取りまとめ窓口となってくれます。複数の接骨院を開業している柔道整復師に対しては、グループ全体の取りまとめも可能です。請求事務そのものを省力化できるだけでなく、会計業務の効率化にも役立ちます。