未経験から始めるデイサービス経営のポイント

レディ

地域密着の歯医者を目指す

クリニック

存在を知ってもらう好機

歯科医院を新規に開業する場合、最も大切なのはできるだけ早く近隣住民にその存在を知ってもらうことです。たいていの街には歯科医院が1つ以上あり、当然ながら地域への密着度に関してはこれから開業する医院に先行しています。それに追いつくためには、積極的な情報発信を行って認知と信頼を得る必要があります。内覧会は、そうした目的を達成するのに非常に適した機会です。内覧会とは、歯科医院の内部を一般に公開し、設備を見学してもらったり、スタッフと交流してもらったりするイベントのことをいいます。その医院ならではの特色をアピールしたり、診療方針を説明したりすることで、患者の獲得を目指します。内覧会を行うに際しては、プロのコンサルティング会社に依頼するのが一般的です。地域の特性や歯科医院の規模等に応じて、効果的なイベントを提案、実行してくれます。内覧会を行うに際しては、さまざまな準備が必要になります。最も大きな要素を占めるのは人の手配と事前告知の実施です。内覧会当日はたくさんの人が訪れるため、受付や案内などに臨時の要員を雇います。場所によっては、道案内なども必要になります。内覧会の開催告知は、チラシを作成して配布するのが一般的です。ポスティングや新聞折り込み、街頭配布などの方法によって配布しますが、それぞれポスティング業者や新聞専売所への依頼を行う必要があります。また、街頭配布の場合は道路の使用許可手続きを行います。こうした準備は、コンサルティング会社が一括して手配してくれます。